イギリス⇔パリ間ドーバー海峡をバスとフェリーで簡単に渡る方法

white-kliff-1598786_960_720

ロンドン→パリをバスで移動しました。
その時にバスの会社を選ぶことでドーバー海峡をフェリーで渡ることができ、
ホワイトクリフも見ることができます。
ただの移動日もツアーみたいに楽しくなってお得な感じだったのでご紹介します。

ドーバー海峡をフェリーで渡るのは手配が大変そうなイメージだった

僕はイギリスと言えば、
ウッチャンナンチャンの内村さんたちが泳いだドーバー海峡を渡ってみたいと思っていました。

ロンドンからドーバーまで行って、
フェリー予約して、
フランスのカレーからパリまで移動する
なんていう複数の予約をまとめるのは僕のスキルでは上手くできませんでした。

どうしたものかと調べていたら、
1件の予約だけですべてが叶う方法を見つけました。

national express eurolinesでバスを予約する

分かってしまえばやることは簡単です。
national express eurolinesというバス会社があるので
そこでロンドン→パリを予約しましょう。
どれを予約してもいいわけではなく、バスにはフェリーとトンネルの2種類あるので注意してください。

フェリーとトンネルの見分け方

ロンドン⇔パリ間のバスはフェリーとトンネルの2種類あります。
実際の予約画面からではどちらなのか分かりません。

フェリーとトンネルのどちらなのかを調べる方法は以下の通りです。

下記のホームページからフランス-パリをダウンロードしてください。
その中にロンドンTOパリのタイムテーブルもあります。

上記のHPにアクセスしてFRANCE-PARISをダウンロードします。
下の赤枠です。(説明のため画像は少し加工しています)
http://soono.info/wp/wp-content/uploads/2016/09/national-express-eurolineロンドンパリバスフェリー確認

ダウンロードをすると赤枠のようにフェリーのマークがついている昼発の便を予約すればOKです。
ロンドンパリバスフェリー確認PDF

僕は二日前に予約してシステム利用料込みで35ポンドでした。

ロンドンのヴィクトリアコーチステーションから出発

以下は実際に旅行した時の様子です。

10:30
ロンドンのヴィクトリアコーチステーションから出発しました。
両替所もあるのでオイスターカードのデポジットで払い戻された小銭をユーロに換えましょう。
バス内にバックパックのケストレル38は車内持ち込みNGでした。
小さいカバンはOKでした。
席は自由席なので前がいい人は早めに並んだ方が良いです。
national-express-eurolineバス乗り場

ドーバー海峡に到着

12:50
ドーバー海峡に到着します。
国境を越えるためバスから降りてパスポートのチェックとスタンプをもらいます。
それが終わるとバスでフェリーに乗り込み、船内で下車できるようになります。
ドーバー海峡フェリー
船内にはデッキ、レストラン、ショップ、両替がありました。
レストランは9ポンド~でした。パンとかお菓子ならもっと安く提供されています。

ホワイトクリフもいい

ホワイトクリフ!
理想の2人がいたので思わず写真に収めてしまいました。
年齢を重ねても夫婦で旅行できるのはいいですね。
ドーバー海峡とホワイトクリフとお客

ドーバー海峡からフェリー出発

13:45
フェリー出発。
ついにドーバー海峡を渡ります。
ドーバー海峡とホワイトクリフ

90分で対岸のフランスのカレーに到着

15:15
対岸のフランスのカレーに到着。
写真撮ったり、ご飯食べてたらあっというまでした。
内村さんたちはこの距離を泳いだんですね。
ここからはパリに向けてひたすらバスで移動です。
ちなみにイギリスとフランスには時差が1時間あります。

カレーからはひたすらバス

20:40
休憩はなかったので4時間弱ずっとバスに揺られ続けてパリのGallieni駅に到着しました。
席は結構せまいので男の人はきついかもしれません。
パリ近郊に着くと大渋滞で30分ほど到着が遅れました。

参考情報

現地のクレジットカードのデスクの人が調べてくれたのですが、以下のバス会社もフェリー利用線があるらしいです。
僕は詳細まで調べてないので参考情報として載せておきます。
もしnational expressが予約できない場合に検討してみてください。

oui bus
flix bus

スポンサーリンク
スポンサーリンク