SEO対策のための Webライティング実践講座(著:鈴木良治)

hot-air-1373167_960_720

僕はブログを書き始めて約9か月が経ち、この記事が69記事目となります。
まだまだ勉強中の身ではありますが記事の作成にもだいぶ慣れてきました。

今回紹介するSEO対策のための Webライティング実践講座は僕と同じようなレベルの人にはWebライティング技術の全体概要を学ぶのにちょうど良い内容ではないかなと思います。

最初の印象は「内容が薄い」

この本を最初に読んだときは少し内容が薄いなと思いました。
そのときはパラパラとめくってみてすぐに読むのを止めてしまいました。

Amazonでレビューを見ていると同じようなことを書いている人がいたので失敗したかなと思っていました。

過去記事を見直すときに効果を発揮する

半年くらい積読で放置していたのですが、ブログの記事数も増えてきていて、
過去の記事を見直そうと思ったときにもう一度パラパラと眺めてみました。

買った当初は新規の記事を書くときに利用しようと考えていましたが、
本当に効果があるのは記事を見直すときです。

Web記事を見直す手順

この本にはWebライティングで検討するポイントがまとめられています。
それを利用して見直すポイントを一括で検討することができます。
手順にするほどではありませんが以下に手順を書きます。

手順
1.googleアナリティクスなどのツールを使って対象記事の各項目の数字を確認する
(最初はわからなくても徐々に理解できることが増えていくと思うので見ることが大切です)
2.「SEO対策のための Webライティング実践講座」の目次を眺める

目次を眺めることでWebライティングの全体の検討ポイントが確認でき、
この作業やってないなとか、ここの部分が弱いなどと足りない部分があったことに気づきます。

足りない情報は専門書で調べる

1つの本ですべての事柄を網羅することは難しいです。
この本はWebライティング技術の全体的な概要を理解するための本として読むのが良いです。

それぞれの章やセクション部分は別の著者による本が出ていたりするので、情報が足りない部分は別の専門書を当たってみたり、インターネットで調べてみる必要があります。

修正作業で新規・過去記事ともに品質が上がる

インターネット上ではWebライティング技術の全体的な概要を学べるサイトを僕は知りません。

Webライティング技術の全体を確認してどの部分が足りないのか。
それを見つけることができる本だと思います。

この本を利用して過去記事を修正し、新規記事にもその技術を適用することでサイト全体の品質を上げていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク