漫画自炊時のScanSnap iX500の設定と効果確認(カラー/グレー、裏写りあり/なし、JPEGとPDFのファイルサイズ差、圧縮率による違い)

water-lily-1308103_960_720

漫画を1000冊以上電子書籍化してきました。本を積み重ねると20メートルくらい。マンション7階分を省スペース化できました。

漫画自炊の要となるのはスキャナの設定です。その設定によって出来上がりのデータはがらりと変わります。今僕が一番良いと思っている設定を公開します。

僕が使用しているスキャナはScanSnap iX500です。

ScanSnapの設定の呼び出し方

scansnapix500設定の呼び出し方

タスクバーの右下に青地にSと書かれたアイコンがあるので右クリックします。
Scanボタンの設定というメニューが出てくるのでそれを選択します。
※OSはWindows10です。

scansnapix500設定初期表示

このような画面の場合、左下の詳細ボタンを押下します。

ScanSnapの設定(アプリの選択)

scansnapix500アプリの設定

アプリケーションの選択:「起動しません(ファイル保存のみ)」を選択
他にも、Acrobatで開く、クラウドに保存、印刷などがあります。
僕はローカルファイルに保存するだけなので「起動しません」を選択しています。

ScanSnapの設定(保存先)

scansnapix500保存先の設定

イメージの保存先:漫画1冊ごとに変更
漫画タイトルフォルダ→漫画タイトル巻数フォルダに保存します。
ファイル名の変更:漫画1冊ごとに変更
日時にすると後でデータが分かりづらくなるので最低でも漫画タイトルごとに変更しましょう。
「読み取り後、ファイル名を変更します」:オフ
オンにすると毎回データの保存画面が表示されます。

ScanSnapの設定(読み取りモード)

scansnapix500読み取りモードの設定

画質の選択:スーパーファイン
画質は現状スーパーファインで十分です。iPadで十分きれいに見えます。一段階上のエクセレントもありますが読み取りスピードが遅くなるのであまりお勧めしません。
カラーモードの選択:カラー or グレー(漫画の対象ページによって手動で変更)
自動判定は使いません。下記で検証していますが判定を失敗すると色味が若干変わります。
読み取り面の選択:両面読み取り
ほとんど変更することはありません。片面だけスキャンしたいときに変更します。
向きの選択:回転しない
ScanSnapに原稿をセットする向きと電子データの向きを変えたい場合に設定します。
白紙ページを自動的に削除します:オフ
オンにすると白紙が削除されて見開きがずれます。見開きで見ることがない人はディスク容量を節約できるのでオンにしましょう。
継続読み取りを有効にします:オフ
1つのPDFにしたい場合はオンにしましょう。オフにしないと毎回継続するか確認ボックスが表示されます。

ScanSnapの設定(読み取りモードオプション)

scansnapix500読み取りモード内のオプション設定

この画面は読み取りモードタブの右下のオプションボタンを押下すると表示されます。
裏写りを軽減します:オフ
裏写りについては下記で効果を検証していますが、好みが分かれますので好きな方を選びましょう。僕は基本オフです。よほど本体が日に焼けているときはオンにします。
文字をくっきりします:オフ
今のところ使用するほど薄い文字に出会ったことがありません。
文字列の傾きを自動的に補正します:オフ
漫画の場合、意識的に傾いた文字もあると思いますのでオフにしています。
原稿を上向きにしてセットします:オフ
僕は下向きにしてセットする習慣で慣れてしまったのでオフにしてます。

ScanSnapの設定(ファイル形式)

scansnapix500ファイル形式設定

ファイル形式の選択:JPEG
アマゾンプライムに保存するためにイメージデータにしています。PDFでも問題ありません。

ScanSnapの設定(原稿)

scansnapix500原稿設定

こちらの設定は変更していません。

ScanSnapの設定(ファイルサイズ)

scansnapix500ファイルサイズ設定

圧縮率:3
圧縮率については下で検証しています。特にこだわりがなければ3で良いと思います。

カラー/グレーを自動判定にした場合の違い

ここからはScanSnapの設定を変更した場合、電子データがどのように変化するけ検証します。まずはカラーとグレーの違いです。

下の写真ではちょっと分かりづらいですが、カラーの方が暖色が追加された色味に見えます。読み取りモードをカラー自動判定に設定するとこの違いが発生する可能性があります。電子書籍リーダで読むときに違和感が出ます。

カラーで読み取り

ScanSnap設定宇宙兄弟カラー読み取り

グレーで読み取り

ScanSnap設定宇宙兄弟グレー読み取り

裏写り軽減あり/なし

裏写り軽減をありにすると、全体的に色が白くなります。古い漫画の場合、日焼け部分が綺麗になりますが、絵の見え方(特に影)が変わってきます。

下の画像ではSLAMDUNKの高木選手の胸や腿あたりの光の当たり具合に差が出ています。
作家によって変えたりして自分の好みになるように設定してください。

裏写りあり(グレー)

ScanSnap設定裏写り軽減あり

裏写りなし(グレー)

ScanSnap設定裏写り軽減なし

裏写りあり(カラー)

ScanSnap設定裏写り軽減ありカラー

裏写りなし(カラー)

ScanSnap設定裏写り軽減なしカラー

PDFとJPEGのファイルサイズの違い

宇宙兄弟の12ページをカラーでスキャンした結果が以下です。ほぼ同じですね。PDFに検索可能なテキストを入れると多少差は出るかもしれませんが、どちらを選んでも良さそうです。

JPEG:5.78MB(6,068,445 バイト)
PDF:5.81MB(6,095,106 バイト)

ScanSnap設定JPEGとPDFのファイルサイズ差

圧縮率の差

圧縮率を2下げるとデータサイズが3倍になります。圧縮率が1と5ではデータに9倍もの差が出ます。画像を見てみると、アップにした場合の詳細さが違います。等倍の大きさで見た場合は、見比べると圧縮率1がきれいだなと思いますが、圧縮率5だけで見ても悪い印象はありません。

圧縮率3で1冊だいたい100MBくらいです。100冊だと10GBです。保存容量やタブレットに格納することを考慮して圧縮率は決めましょう。

圧縮率1(圧縮率低い)

JPEG:1877KB(1,921,403 バイト)
PDF:1877KB(1,921,676 バイト)

ScanSnap圧縮率1のPDF拡大画像

圧縮率3

JPEG:628KB(643,053 バイト)
PDF:678KB(693,260 バイト)

ScanSnap圧縮率3のPDF拡大画像

圧縮率5(圧縮率高い)

JPEG:212KB(216,638 バイト)
PDF:217KB(221,912 バイト)

ScanSnap圧縮率5のPDF拡大画像
上記のScanSnapの設定と効果を参考にして自分好みの設定を見つけてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク