プチ瞑想して頭のもやもやをすっきりさせる方法

duck-931989_640

なんだか頭がすっきりしないなぁとか、

もやもやするなぁってことありませんか。

そんなときにはプチ瞑想をオススメします。

といっても有名なので、知ってるよって人の方が多いと思います。

知ってても実際に続かなかったりしていると思うので、僕がどうやっているのかをお伝えします。

プチ瞑想で頭をリセット

瞑想って言ってもいいのかわからないからプチをつけてます。

本やネット調べた情報がいろいろ混ざって、僕にとって簡単にできる方法となっています。

まずは騙されたと思って試してみましょう。

頭の中がすっきりして、リフレッシュされた感覚になります。

1.まずは目を瞑りましょう

僕の方法では場所や姿勢はなんでもよいです。

もちろんオススメは楽な姿勢ですが、すっきりしたいなーって思うときは大体外なので。

2.できるだけ体のちからを抜く

どんな姿勢でもいいので、その態勢をとれるぎりぎりまで体の力を抜きましょう。

力がどこに入っているか探してみてください。

普段はあまり意識していないと思いますが、いろいろなところに力が入ってることを感じれます。

最終的に、力が入ってても問題ないのですが、

意識がそちらに向かないようになっていればOKです。

電車などで吊革につかまっているときは、捕まっていない方の手の力を抜きましょう。

会社の椅子に座っているときは、両腕、肩など、その時々で抜けるだけ抜きましょう。

※会社では寝てると思われないようにトイレなどでやるのが安全です

たぶんこれだけでも結構気持ちよくなってくると思います。

3.何も考えない状態を作る

力を抜いた状態ができたら、頭の中を無にします。

無って何?と言われると困るのですが、

僕は意識があるときと意識がないときの境目のことかなと思います。

端的にいうと寝る瞬間。

これを上手に作りだすのがプチ瞑想です。

どうやって何も考えない状態を作っているか

僕の場合は、呼吸に意識を集中しています。

息を吸って、息を吐いて、息を吸って、息を吐いて、息を吸って、息を吐いて。

息を吸って、息を吐いて、息を吸って、息を吐いて、息を吸って、息を吐いて。

息を吸って、息を吐いて、息を吸って、息を吐いて、息を吸って、息を吐いて。

集中できました?

そのように意識していてもいろいろな雑念が出てくると思うので、

その雑念はもう一人の自分になって俯瞰して楽しみましょう。

こうやって脳みそが勝手に反応しているんだなぁということが実感できればラッキーです。

悩みなどがある人はそれらが浮かんでは消えていく様子を感じとれると思います。

意識が飛べば最高!!!

最終的には呼吸に意識が集中できるようになっていれば、頭がだいぶすっきりしてくるはずです。

もしどうしてもできない人は立ちながら寝ようとしてみてください。

おおざっぱにいえばそれが僕がやっているプチ瞑想、またの名を仮眠と言います。

寝る寸前の状態をどれだけ早く作りだせるかがポイントです。

そしてその状態を保てれば達人でしょう。

よいプチ瞑想ライフを!

スポンサーリンク
スポンサーリンク