自炊のおすすめレシピ!バックパッカー世界一周旅行で費用節約、健康管理!

pickles-1799731_960_720

日本だと牛丼や定食屋さんで安くて美味しいご飯が食べられます。
でも土地勘のない海外だと安くて美味しいものを食べるのは難しいです。
自炊なら料理の腕にもよりますが、美味しいものが安く食べられます。
海外でも簡単に作れるレシピをご紹介いたします。
下記のレシピは1食1~2ユーロくらいで作れます。

米を炊く

調理時間:20分
鍋で炊くのは簡単ですが、上手に炊くのは難しいです。
計量カップなんて持ってないですし。
ちゃんとしたレシピはクックパッドなどで探してもらうといいのですが、
大雑把な人用に
米を研いで目分量で米と水(米1:水2くらい)を用意します。(30分くらいそのまま置いておくといいらしいです)
あとは鍋を火にかけるだけ。
水がなくなって味見した時に固いようなら水を追加します。
水の量は何回か作って慣れるしかないですね。

おかゆ

調理時間:30分
上記の米を炊くレシピの水分を多くするだけでできます。
足りない水分は途中でどんどん追加して、好みの固さになるまで炊きます。
たまごをいれたり、塩のみでも胡椒をかけても美味しいです。

トマトリゾット風

調理時間:30分
トマトソース(0.5ユーロ~)を購入します。
移動で持ち歩くのは重いので、滞在日数で使い切れる分を買いましょう。
水とトマトソースで米を炊きます。米の固さは水で調整します。
ベーコンを入れると美味しいです。

ペペロンチーノ風(唐辛子なし)

調理時間:30分
パスタを茹でます。
並行してオリーブオイルをひいてニンニクを入れてフライパンで熱します。
ニンニクが焦げてきたら、タマネギやベーコンなどを炒めます。
塩、胡椒で味を調えます。
茹で上がったパスタをフライパンに混ぜてソースとからめれば出来上がりです。
最悪具がなくてもそこそこ美味しく食べられます。

トマトソースパスタ

調理時間:30分
上記のペペロンチーノのソースにトマトソースをいれるだけです。

肉の塩炒め

調理時間:15分
油をひいたフライパンで塩コショウで味をつけた肉を炒めます。
焼けたら醤油をかけても美味しいです。
野菜でも応用できます。
ご飯を同時に作るのがめんどくさいときはパンで代用してます。

肉のボイル

調理時間:15分
オイルがないときに使えるレシピです。
お湯を沸かして肉を投入します。
火が通ったら皿に取り出して醤油や塩などで味付けます。
油っこい味に飽きてきた人には食べやすいと思います。

コーンとパンチェッタの炒め

調理時間:15分
コーンの缶詰とパンチェッタを購入。ベーコンでも肉なしでもいいです。
オイルと塩コショウで炒めます。
バターがあれば尚良いです。

豆煮

調理時間:15分
豆の缶詰を購入します。
鍋に入れて温めます。
そのままでも食べれますが、砂糖を入れるとぜんざいみたいになります。

ゆでたまご

調理時間:15分
たまごを茹でます。
長めに茹でれば間違いないです。
外で観光中のお昼ご飯に便利です。

パンとマヨネーズ

調理時間:5分
パンにマヨネーズを塗ります。
ハムやチーズがあるとなお美味しいです。
こちらも観光中のお昼ご飯に便利です。
完成品をジップロックに入れて持ち歩くか、
僕は公園などその場所で作ってます。

グリーンサラダ

調理時間:5分
オシャレな感じのサラダ用の野菜が1~2ユーロくらいで売っています。
1袋で2~3食分はあります。
こちらにオリーブオイルをかけて塩コショウで味と調えれば完成です。
チーズをかけても美味しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク