世界一周:パリでのバックパッカー生活費用(2016年)

paris-1541589_960_720

2016年9月に世界一周の2カ国目としてパリに1週間ほど滞在しました。
その時の大まかな費用について公開します。
バックパッカー旅行の参考にしてください。

だいたい日本の旅先で過ごすのと同じくらいの感覚で良いですが飲食店は高いです。
※当時1ユーロ=117円

宿泊代

パリでは1泊20ユーロのドリームハウスという日本人宿にずっと泊まってました。
値段も安いですし、朝夕食付きというのがすごい。
このおかげで食事代がかなり浮きました。

食事は白米ご飯に野菜中心のおかずが数点といった感じ。
白米に飢えていた僕には非常に助かりました。
ふりかけ、お茶漬けなんかもあって白米がモリモリ食べられます。

宿がパリの中心部から少し離れるのと駅から7分ほどとやや遠いです。
アットホームでわいわいした感じでいろんな日本人の人と仲良くなれました。

食事代

ドリームハウスでは朝夕の食事が出るので、昼だけ自分で食べてました。
ビールなども入れて5,000円くらいかかりました。

朝をがっつり食べると満腹感が続いていたのでランチのお金はかかりませんでした。
ドリームハウスの隣にスーパーがあるので出かけるときにジュースを買ってご飯替わりにしてました。

スーパーではいろいろと格安な商品があって、チーズやサラミは1ユーロ、2ユーロでかなり美味しいレベルのものがありました。ビールは1ユーロ、パンは0.3ユーロ、豚肉300g2ユーロからあり、自炊する場合かなり安く済むと思います。

最終日に美味しいランチのお店を聞いたのでそこに行けなかったことが悔やまれます。

移動費

パリ中心部と宿を1日1往復、ヴェルサイユ宮殿までの電車代で3,000円くらいでした。

地下鉄が発達していて、パリ市内であれば1.9ユーロほどで行くことができます。
逆に1駅でも1.9ユーロかかります。

時間の感覚ですが、
僕はロンドンからバスでGalieni駅(地下鉄マップでは右端)に着いたのですが、
ドリームハウスのあるGabriel Peri駅(地下鉄マップでは左端)まではおよそ40分でした。

乗り放題券や一度に10枚買うと割引されるのでたくさん乗る人は上手く利用しましょう。

チケットは電車を降りるまでは必ず持っているようにしましょう。
たまにチケットをちゃんと買っているかチェックする人がいます。

観光費

オルセー美術館
ルーブル美術館
ヴェルサイユ宮殿
オランジュリー美術館
ロダン美術館
オペラ座
凱旋門
モンサンミッシェルツアー

およそ19,000円かかりました。
たまたま美術館の無料開放日と重なりすこし安くなりました。
上記の観光スポットはだいたい10~15ユーロで、ドリームハウス主催のモンサンミッシェルツアーが105ユーロでした。
1泊せずにモンサンミッシェルの夜景が見れるツアーなので時間がない人におすすめです。
※その他の普通のツアーだと夜景が見れないものが多い

パリの観光スポットは年中無休ではありません。
公休日がありますので事前に確認しましょう。

パリでの生活費まとめ

パリでの生活は6泊して45,000円となりました。

ドリームハウスのおかげでかなり費用が削減できました。
長期滞在するのに向いてると思います。
どこにも行かなければ宿泊代だけで生きていけます。

ランチやディナーをお店で食べる場合は10~50ユーロくらいのお店が多かったです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク